獣医臨床検査・腫瘍診断サポート |神奈川県動物病院|ひらの動物病院
ひらの動物病院では、確定診断に基づいたインフォームド・コンセントを重視し、常に診断精度の高い獣医療を心がけています。腫瘍性疾患(癌)、循環器疾患(弁膜症・心臓病)、代謝性疾患等の難治性疾患の診断・治療に積極的に取り組んでおり、近隣の動物病院からの紹介・依頼診療・相互協力の積極的な受入れを含む、1.5次診療病院化を目指した地域貢献・地域獣医療水準の向上に取り組んでいます。

また精査終了後は『診療結果報告書』に、画像を含む全ての検査結果を添えてご家族にお渡しする事で、病態に対する充分なご理解を頂くと伴に、診療情報の共有・獣医療の透明性を常に心がけています。本サイトでは、当院での『獣医臨床検査・腫瘍診断記録』を公開します。

尚、当院のご紹介・ご案内は ひらの動物病院ホームページ http://www.hirano-vets.com をご参照ください。宜しくお願い致します

【ひらの動物病院にて常時可能な臨床検査】
カラードップラー超音波心臓検査・カラードップラー超音波腹部検査・デジタルレントゲン検査・電子内視鏡検査(先端径5.5mm/全長1000mm :生検可能)・血液学的検査一般・血液生化学的検査一般・各種ウィルス検査・FDP定量・C-CRP定量・解析機能付心電図検査・細胞診検査・ACTH 試験・デスモプレシン投与反応試験・圧平式眼圧測定etc.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 心膜腹膜横隔膜ヘルニア

〔検査目的〕かかりつけ動物病院にて『漏斗胸の疑い』との判断を受け、精査希望

〔検査内容〕・身体一般検査 ・血液生化学的検査 ・血液学的検査 ・心電図検査 ・カラードップラー心臓超音波検査 ・胸部レントゲン検査 ・胸部レントゲン検査2方向撮影 ・腹部レントゲン検査2方向撮影 ・上部消化管バリウム胃腸造影

〔検査結果〕・心膜腹膜横隔膜ヘルニア ・第3〜第7胸骨における胸骨低形成 ・大動脈弁下狭窄症 ・三尖弁閉鎖不全症 ・心筋部分的梗塞の疑い / 腹膜心膜横隔膜ヘルニアについては、CT撮影による嵌頓臓器の確認、癒着の確認等を実施の上、完治を目標とした 『外科的整復』 が望ましいと考える。


| - | - | 18:32 | category: 消化器疾患全般 |
# 好酸球性胃腸炎

〔検査目的〕一ヵ月半位前から数回、赤黒い血液交じりの嘔吐が認められる。以前から嘔吐は比較的頻繁に認められた、という病態について内視鏡検査希望。

〔検査内容〕・身体一般検査 ・血液生化学的検査 ・血液学的検査 ・腹部レントゲン検査2方向撮影 ・上部消化管内視鏡検査 ・胃底部/胃角部/幽門部/十二指腸内粘膜病理組織学的検査(外注)

〔検査結果〕・好酸球性胃腸炎 (好酸球浸潤を伴うリンパ球性−形質細胞性腸炎が観察される。2病変の併発の可能性は否定できない:病理組織学的検査) ・胃幽門洞における出血性胃炎(陳旧創) ・十二指腸粘膜の脆弱化 ・軽度の前立腺肥大



| - | - | 12:27 | category: 消化器疾患全般 |
# リンパ管拡張症

〔検査目的〕一ヶ月程前からひどい下痢が続いている、という病態について内視鏡検査希望。

〔検査内容〕・血液生化学的検査 ・血液学的検査 ・上部消化管電子内視鏡検査 ・下部消化管電子内視鏡検査 ・病理組織学的検査(外注)

〔検査結果〕・リンパ管拡張症 (炎症性腸疾患についての可能性は否定できない。悪性リンパ腫については否定的であるが、完全な除外診断には開腹下での消化管全層生検が必要と考える)



| - | - | 18:43 | category: 消化器疾患全般 |
# IBD(炎症性腸疾患)

(検査目的)2年前位から(生後1才頃)から一ヶ月に一回は嘔吐が認められ、なかなか体重が増えない。最近になって嘔吐が多くなってきた、という病態について精査希望

(検査内容)・身体一般検査 ・血液生化学的検査 ・血液学的検査 ・血液塗抹検査 ・腹部レントゲン検査 ・腹部超音波検査 ・上部消化管電子内視鏡検査 ・胃粘膜(胃角部,胃体部,幽門部の三箇所)ならびに十二指腸粘膜の計4箇所について病理組織学的検査(外注)

(検査結果)・IBD(特発性炎症性腸疾患) ・胃粘膜層において軽度に好酸球の浸潤が認められる (十二指腸粘膜固有層においてごく軽度のリンパ球浸潤認められるが核異型は認められない。悪性リンパ腫については否定的であるが、完全な除外診断には開腹下での消化管全層生検が必要と考える)


| - | - | 13:55 | category: 消化器疾患全般 |
Mobile
qrcode
ひらの動物病院
〒242-0007
神奈川県大和市中央林間2-3-11
TEL:046(272)5300

獣医師・管理責任者:平野由夫
リンパ球培養プログラム修了
免疫細胞培養師
現代レイキマスター
獣医再生医療研究会
日本獣医がん学会
日本獣医麻酔外科学会


ひらの動物病院ホームページ


心臓病専門外来検査記録Link


獣医臨床検査・診断記録Link


獣医免疫療法情報site


獣医免疫療法実績掲載情報

ひらの動物病院:活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)の実施により15ヶ月間の良好なQOLが得られた犬の肝細胞癌の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:49-55,No.260.2011.



ひらの動物病院:不完全切除後の乳腺癌症例に対して活性化自己リンパ球移入療法(CAT療法)を実施し,12カ月間の局所再発ならびに転移の制御,良好なQOLが得られた犬の一例.Companion Animal Practice.チクサン出版:59-66,No.258.2010.

Search this site
Sponsored Links